タワーレシピ

投稿者:犬っころ 投稿日時:2007年01月09日 23:58
今日の最強カード

《沼の悪霊》:沼渡り、3/3という超高スペッククリーチャーがなんと4マナ。引いたら出せ、出したら勝てる。そんなクリーチャー。類似品に《ゴブリンの洞窟探検家》がありますが、黒くない、タフネスが2など《沼の悪霊》様より弱い点が多い。今日も《沼の悪霊》様は元気に殴ります。

《抗い難い知力》《清純な天使》を打ち消して、6ドロー。こちらはウハウハ、相手はげんなり。ちなみに詳しく書くとやられたのは自分です。にしてもこんな呪文初めて使われました。

《鬼の印》:このタワーで2種しかいないデーモンの《内臓捻りの鬼》が場にいるときに、俺の右手が光る!!でトップデッキ。相手のエースを奪って終了。

《ラクドスの頌歌》:1/1が3匹ぐらいいて、これが出て、2回殴って終了。ちなみに2回目のパンチは暴勇状態。最速6ターンキル。基本は土地として一生を終えるカードなのに、こんなに早く使われるとは。さすがはレアパワー。使いこなせば強い。

《過去耕しのネフィリム》《よだれ垂らしのグルーディオン》《兵士の模造品》を釣りつつ、ネフィリムのブロッカーを除去。盤面で優勢になったら、ライフ8の相手に《真実を捻じ曲げるもの、逝斬》を釣ってフィニッシュ。

《深き刻の忍者》《平和の羽毛》《深き刻の忍者》はトーナメントシーンでも活躍しているようですし、カードパワーは十分。しかし構築と違い忍者の攻撃が通らん。ここで《平和の羽毛》の出番。
まずは忍術からで2点と1ドロー。次のターンに《上天の呪文爆弾》でブロッカーをバウンスして、2点と1ドロー。次のターンから《平和の羽毛》でボコボコ殴る。
結局一人で12点のダメージと6枚ほどのカードをもってきたとさ。

《落とし子の仲買人》:レアパワーはよくわかる。でも使いにくいと評判のこの子。
場には《踏み吠えインドリク》《信仰の足枷》に引っかかって困ってる時に相手の《グリッサ・サンシーカー》が登場。
ここでこいつの出番『このインドリクと、そのグリッサと交換しない?』『こっちはレアじゃないけどアンコモン2枚だし、コスト的にもそっちより高いし、いいでしょ?』と強引に交渉成功。






禁止カード
《Pentavus/ペンタバス》:トークンでのチャンプブロック、飛行での攻撃という戦闘面でのコントロールを自分だけで完結してしまう。さらに除去の的となれば1/1飛行をお土産としてマナのあるかぎりばら撒く。場をこれだけで制圧してしまい、さらにマナ拘束がないため禁止カードとしてタワーから排除。
《浄化の本殿》:本殿サイクルの白。毎ターン2点ライフゲインはウザイ程度でなんの問題もない。しかし、他の本殿がでるとゲームの決着がほぼ決まってるのにかなり長引いてしまい、ゲームの興がそがれてしまうことが多かった。エンチャント除去も増加したが、なかなかバランスが取れないので現在は禁止。本殿サイクルの一員として、今後の復帰に期待。

土地 (0)

クリーチャー (228)

その他 (243)

閲覧数:5,228
パスワード:
© 2008-2020 Magic Factory, OWLAIR networks, All rights reserved.
管理者連絡先 (実行時間:3.17 秒)